totika

新着情報

2017年

2017/10/26 font3

ウエイトW0を追加しました。


「なのゴシック」最初のアップデートです。

W1よりも少し細いウエイトの「W0」を追加。

「なのゴシック」は、W0-W7の8ウエイトファミリーになりました。

 

ちょっといきさつを説明しますと……

「イワタゴシックオールドL」と組み合わせたいという要望がありまして。

じつは、なのゴシックW1-W7のうち、オリジナルのウエイトはW1とW5だけでして、その他のW2,3,4とW6,7は自動補完したものです。中間を埋めるだけでなくて、太いウエイトも作れるわけですね。細いウエイトも同様で、今回追加のW0も自動補完にて作成しています。

当初は、細いウエイトをそのまま増やそうとは考えていなかったのですが、ためしに生成してみたところ、この太さであれば思ったほどゆがみはなく、イワタゴシックオールドLの組み合わせ仮名として、まあまあ使えそうな感じでした。

それで、ひとまずこれはこのまま提供してしまおうと。

なのゴシックW0

なのゴシック合成フォント

2017/10/06 font3

「なのゴシック」発売開始しました。

DLMarketにて、「なのゴシック」W1-W7セットを発売開始しました。
おかげさまで、かな詰め(プロポーショナルメトリクス+カーニング)も搭載でき、本当に「使える」フォントになったと思います。
「なのゴシック」のデザインは、一見、これといった特徴もなく、地味で華のない書体に見えるかもしれません。しかし、これはデザインを仕事にしている人向けの書体です。
既存のゴシック体に不満を感じていたデザイナーの皆様のお眼鏡にかなうと信じています。

no.png

2017/10/05 font3

名前を「なのゴシック」に決めました。

N3ゴシック(仮)として制作を進めていたフォントですが、W1-W7のファミリーを持つゴシック体かなフォントとして完成し、ようやく名前も決めました。

今後は「なのゴシック」と呼んでいただければ。

フォント名には「の」を入れたかったのです。そして出来れば「な」も入れたいと思いました。それで、「なのゴシック」という名前にしました。

nano-title.png

2017/09/03 font

まにまに使用例その3

ゆまあひmakiさんの『和のカラフル切り絵』という本で、切り絵作品の一部として「まにまに丸ゴチック」を使っていただきました。

たいへんすてきな本ですよ。

和のカラフル切り絵

P1050525.jpg

和のカラフル切り絵: 四季のモチーフと伝統文様を配色で楽しむ

2017/05/01 font3

N3ゴシック進捗状況。

ここ数ヶ月、文字の形の微修正を続けていましたが、ほぼFIXしました。見本画像も差し替えました。

で、N3ゴシックファミリー発売に向けて準備しようと思っていたのですが、予定を変更して、かな詰め(プロポーショナルメトリクス)データを搭載することにしました。

当初、かな詰めの設定は入れないつもりだったのです。個人制作のフォントでは、かな詰めを搭載していないものも多いし、やり方もわからなかったので、まあいいかなと思っておりました。

それがですね、Twitterに制作中画像を投稿しているうちに、やり方を教えてくれた人がありました。やり方を知ってしまったからには、これはもうやらないわけにはいかない。こちらは気楽な個人制作で、納期があるわけでもないですからね……。

そんなわけで、かな詰め搭載とその調整に、あと数ヶ月はかかると思われます。

Top